• すべてのご注文に対し送料無料

Vision

空気

我々は夢と同じ物で作られている

モニカ·サルティはどのような思いでフラールやスカーフ、ショールを作っているのでしょうか。布地を再解釈し、軽量化し、デコンストラクトします。リネン、シルク、カシミアなどの高級布地に新たな意味を付与したパターンや色彩のボリュームを乗せていきます。モニカの作品は、われわれが呼吸する空気と同じように触れられるか触れられないかの繊細さを持ち、日々頭上から照らしてくれる日の光と同じように暖かく、空を飛ぶための一対の翼にも似ています。とりわけ重要になってきていることですが、製作のあらゆる段階で持続可能性に注意を払い、自然を汚染しない処理を行い、トレーサビリティにも万全を期します。モニカは夢と同じように貴重な、儚い存在を生み出します。「我々は夢と同じ物で作られている」——シェイクスピアは『テンペスト』の中で登場人物のひとりにこう言わせています。ファリエロ·サルティのすべての製品に共通するビジョンです。

アート

フリンジを取り去り、詩を加える

ファリエロ·サルティのフラールやスカーフ、ショールはどのようにして生まれたのでしょうか。中心にあるのは、モニカ·サルティの感性に基づく折衷主義です。モニカ·サルティはその祖父の豊かな遺産である、布地に関する探究心と創造性とを受け継ぎました。ファリエロ·サルティはモニカの祖父が第二次世界大戦後に興した企業です。「イタリア製」の名を負う製品を作るにふさわしい、象徴的企業へとすぐに成長しました。

モニカ·サルティはそうした環境の中で育ちます。さまざまな事物を見聞し、飽くことのない探求心を満たしていきます。アメリカに渡り修行を積んだあと、1988年にイタリアに戻ったモニカは、前衛アートの息吹を持ち帰ります。モニカが傾倒するアクションペインティングや抽象表現主義では、色彩のパターンが予測不可能なテクスチュアを生み出します。モニカはそのキャリアの出発時点で、アートのバックグラウンドと修練を積んだ布地職人としてのバックグラウンドを持っており、両者を組み合わせることができました。「当時、服飾品部門は少し主流から外れてしまっていました。そこでこの部門に力を注いでみようと考えました。高級布地を使って服飾品のデコンストラクションの実験をするのです。より軽く、よりリアルな作品にすることを目指しました。フリンジを取り去り、代わりに詩を加えました。最初のフラールを売りに出したのは2000年のことです」それをミラノやパリの一流店が仕入れ

エロス

抱擁するように持ち主を包み込むもの

肌に触れながら軽く、情熱的でありながら儚い。モニカ·サルティにとってスカーフやフラール、ショールは服飾品以上の意味を持ちます。きわめて親密で抱擁するようにネックを包み込み、穏やかな官能性を感じさせてくれる存在なのです。身に着ける者の気持ちや感情を、物質的表現として映し出す存在でもあります。作品が生まれるにあたっては、色彩や生地といった素材面の選択のほかに、官能性、価値観、情熱が大きな役割を果たします。すべての作品はそれぞれ、本を開くように吟味されるべきものです。プリント柄、記号、メッセージの背後に秘められたストーリーを理解するには、本のページと同じように読み込む必要があります。モニカの美学は、こうしたさまざまな局面にわたる絶え間ない探究から生まれました。どんな場合でもモニカの旗印は「情熱」です。

関税と輸入税を含む全て込みの価格です。