グローバル速達と簡単な返品

個人データの処理に関する情報通知

登記事務所住所 Via Francesco Ferrucci – 59100 Prato (PO)、税コードおよびVAT番号01582410971(以下「データ管理者」)、モニカ・サルティはデータ管理者の立場において、法令番号30.6.2003の196(以下「プライバシー規約」)およびEU一般データ保護規則第13条第2016/679番(以下「GDPR」)に準じ、ユーザーの個人データが以下の手順および目的で処理されることをお知らせします:

取り扱い範囲

データ管理者は、以下で「個人データ」または簡潔に「データ」とも呼ぶ、データ管理者が提供するサービスへの同意/契約時にお客様から提供された個人データ、識別情報(例:名前、苗字、会社名、住所、電話番号、Eメール、銀行および支払い情報)を取り扱います。

2. 取り扱いの目的

お客様の個人データは次のように取り扱われます:

A) 以下のサービス目的において、お客様の同意なく(プライバシー規約第24条の項目a)、b)、およびc)とGDPR第5条の項目b)を参照):

- データ管理者サービスのための契約締結のため;

- お客様との前述の契約関係から生じる契約締結前、契約上、および税務上の義務を履行するため;

 - 法令、EUの法律またはその他機関(例:マネーローンダリング関連)の命令によるあらゆる義務を履行するため;

 - 裁判での弁護などデータ管理者の権利を行使するため;

B) 以下のマーケティング目的において、お客様の具体的かつ明確な同意(プライバシー規約第23条および第130条、GDPRの第7条を参照)に基づいて:

お客様に対し、データ管理者の提供する製品/サービスに関するEメール、郵便物やSMSあるいは電話連絡、ニュースレター、マーケティングコミュニケーションや広告素材、および上記製品/サービスの品質について顧客満足度アンケートを送るため;

お客様に対し、第三者のEメール、郵便物やSMSあるいは電話連絡、マーケティングまたは販売促進情報を送るため。お客様が既に当組織のユーザーまたはパートナーである場合、お客様の同意(プライバシー規約第130条の4項)が取り消されない限り、お客様が過去に利用したものと同類のデータ管理者のサービスおよび製品に関するマーケティングコミュニケーションが送付されることがあります;

取り扱い手順 

お客様の個人データは、プライバシー規約第4条およびGDPR第4条2番に記載されている通りの方法で取り扱われます。厳密には、データの収集、記録、整理、保管、参照、適応または変更、修正、選択、検索、比較、利用、相互接続、ブロック、開示、消去、破壊が実施されます。お客様の個人データは、文書および電子または自動化手段の両方によって取り扱われます。

データ管理者は、上記の目的を履行するにあたり必要な期間、お客様の個人データを取り扱います。いずれの場合においても、サービス目的では契約解除から10年、マーケティング目的では2年を超えて、それらを利用することはありません。

データへのアクセス

お客様のデータは以下に対して、第2条のA) およびB) に言及される目的のため利用を許可されることがあります:

データ管理者の従業員およびパートナー、あるいは内部処理業者や手続き管理者またはシステム管理者としての機能を担うその他企業;

データ処理のための外部管理者として代理業務を行うためにデータ管理者が委託した、第三者企業あるいはその他の対象者(例としては信用機関、専門家事務所、コンサルタント、保険サービスを用意するための保険会社など)。

データの開示

明示的同意(プライバシー規約第24条の項目a)、b)、d) およびCDPR第6条の項目b) およびc) を参照)の必要なく、第2条のA) に記載の目的において、データ管理者はお客様の個人データを監督当局(IVASSなど)、司法当局、保険サービス提供のための保険会社、並びに上記目的を遵守するため法律によって求められる対象へ開示することがあります。上記対象者は、独立したデータ管理者としての資格の範囲でお客様のデータを取り扱います。

お客様のデータが拡散されることはありません。

​データ提供の性質と回答拒否の影響

第2条のA) に記載された目的のためのデータ提供は必須です。このデータなしでは、当社は第2条のA) に記載されたサービスを提供することができなくなります。

その代わり、第2条のB) に記載された目的のためのデータ提供は任意のものです。よって、お客様はこの場合には一切のデータを提供しないと選ぶことができ、続いて既に提供済みのデータの取り扱いに関する同意を取り消すことが可能です。その選択が為された場合、お客様はデータ管理者の提供するサービスについてのニュースレター、マーケティングコミュニケーション、広告素材を受け取ることができなくなります。ただし、第2条A) に記載されたサービスについては受け取りの資格が継続します。

データ主体の権利

データ主体として、お客様はプライバシー規約第7条およびCDPR第15条に記載の権利、すなわち以下の権利を有します:

未記録の時点であっても、お客様の個人データの有無を確認しそれを明瞭な形で入手する権利;

次の情報を入手する権利:a) 個人データの出所;b) 取り扱い目的および手法;c) 電子機器を使って処理された場合に適用された論理;d) プライバシー規約第5条の第2パラグラフおよびGDPRの第3条第1パラグラフに従い、データ管理者、データ処理者、指定代理人の識別データ;e) お客様の個人データが開示された可能性のある対象または対象のカテゴリー、あるいは国の地域内において処理者あるいは責任者の指定代理人としての資格をもってそれらを受領した可能性のある者;

a) 更新、改正や、利害関係がある場合は補足されたデータを入手する権利;(b) データの収集目的あるいはその後の処理目的に関連してその保管が必要とされないものも含む、違法に処理されたデータを消去、匿名に変換、あるいはブロックする権利;

a) およびb) に記された運用が、その内容に関わらず、データを開示したあるいは広めた先に知らされたという証明を得る権利。ただしこの実行が不可能であると立証された場合、または保護されるべき権利に対し明らかに不均衡な労力を要する場合を除く;

全面的または部分的に異議を申し立てる権利:a) 収集目的に関連する場合であっても、個人データの処理に正当な理由がある時;b) 広告または直接的な営業資料の送付、あるいは市場調査や営利目的のコミュニケーションのため、オペレーターが介入しないEメールによる自動化コールシステムを通して、あるいは電話や文書の郵送による従来のマーケティング手法を通して、個人データが処理されることに対して;上の項目 (b) に記載の、自動化手段を通したダイレクトマーケティング目的に対するデータ主体の異議申し立て権利は従来の手段に